2013年11月28日

人間とは――その神学的考察


                   テキスト・聖書教理がわかる94章「人間」 J.A.パッカー著

                               

 聖書は、神と人間との物語です。聖書では、神と人間、このどちらを省いても聖書の意味はなさないと思います。
 また、私たちが、これを読む意味もありません。もし、神が存在しないなら、聖書は、ただの、てんでバラバラの、人間のお話です。大昔の話があったり、少し時代が下って来てからのものがあったり、殺人事件があったり、戦争があったり、騙し合いがあったり、不思議な出来事があったり、天災があったり、恐ろしい話があったり・・・。占いや口寄せや幽霊が登場したり。確かに、ドラマチックだけれど、それだけのことです。歴史を見ると、戦争や殺し合いは珍しくもありませんし、ものすごい天変地異もありますし、占いや幽霊の話なら、今でも、テレビをつけると簡単に見ることができます。現代のこの世界を見ても、事件や問題は山積しています。


 人は生まれる者であり、死んでいく者です。どこからか来て、どこかへ消えていくのです。生きている間は、親子や兄弟、夫婦、恋人、友人、仕事相手などとつながり、それを「縁」「関係」などと呼んだりしますが、それも生きている間だけです。どんなに執着した間柄でも、やがては切り離されるのです。

 聖書が、特別の書物なのは、これら事件の山積する世界の、無数の主人公・人に対し、もう一方に、神がおられるからです。しかも、それは1対70億といったふうには対比出来ない図式です。
 神は、たとえば海をはさんで、太平洋の彼方におられるのではありません。大空の向こうにおられるのでもありません。地下深くにおられるのでもありません。
 聖書では、神はおひとりの神で、この上もなく大きなお方です。宇宙万物を創造され、星も月も太陽をも支配し、支えておられるお方なのです。さりとて、神が宇宙万物を風呂敷のように包んでいるのではなさそうです。
 私たちが、神の中に「存在させられている」のです。神のどこ? 頭? 胸? 腹?などという問はナンセンスです。
 神は霊であり、肉体をお取りになっていないからです。
 神は遍在と言って、宇宙のあらゆるところにおられるのですが、それは、宇宙が神の中に存在させられているからです。


 ★★★★★

 聖書の話は、この創造者にして、想像を絶する霊的存在であられる神と、被造物・人間とのかかわりの話なのです。聖書の中に、火山が出て来るから、海が出て来るから、川が出て来るから、虫や蛇やサソリや魚や牛や羊が出て来るからと言って、神さまがそれらに話しかけておられるでしょうか。関心をお持ちなのは人だけ、といえるような話です。

 天地万物を創造されるプロセスで、神は、すべてのお造りになった物をご覧になって。「ひじょうに良かった」と満足しておられます。
 しかし、それで満足なさらず、人をお造りになったのです。
 人だけは、特別な工程で造られています。人以外はみな、ことばだけで、造り上げられました。「光よ。あれ」と仰せになると、光が現れたのです。水の中に、泳ぐ者が現れよと仰せになると、水中に魚が泳ぎ始めたのです。ところが、人については、出来上がった人のかたちに、神は「いのちの息」を吹きこまれたのです。神の息を吹き込まれた人は、「生きるもの」となったのです。神の息を吹き込まれた「ひと」は、すぐに、神のお話になることや自分の置かれた状況を理解したことが記されています。喜怒哀楽もありました。孤独も理解したようです。そこで、神は、人にパートナーを与えようと考えられたわけです。
 たくさんの動物たちの前に連れて行かれた人は、動物たちを識別し、名前を付ける知能はありましたが、かれらをパートナーとしては選びませんでした。人のパートナーは、人でなければなりませんでした。
 もっと重要なことは、人は自分の造り主とは霊的に結ばれ、その絆の中で平安な生活を送ることができる存在であったということです。

 これは、神にとっても同じでした。神は、たんに運動体である宇宙、生々流転する物質世界をお造りになったのではないと思います。神は、宇宙の完璧な秩序の中で、幸せに生きる知能も感情も霊的能力もある特別の生き物・人をそこに置かれることを、最初から目的にされていたに違いありません。人をご覧になり、その幸せをごらんになり、神ご自身が彼らをそばに置かれて、満足されることが、創造の目的であったのです。

 聖書は、このような神と人との特別な物語の場として存在するこの地球、そこで暮らす、人間と、神の物語なのです。
 物語になったのは、最初の人間アダムとエバが罪を犯して、神の御前から追放されてしまったからです。
 愛なる神は、同時に、聖なる神――義なるお方ですから、間違いを犯した人間の間違いをあいまいにすることはできないのです。 
 追放は、神にとっても、非常な痛みと悲しみを伴うことだったに違いありません。神は、人を愛しておられたからです。いわば、人は神に造られた「子ども」であったからです。
 この人間を、何とかふたたび御許に連れ戻そうと願って、いろいろ苦心しておられる神と、神から切り離されて、迷いつまずきながら罪の世を生きる人間との、悲しいばかりのドラマが聖書です。

 
★★★★★

 聖書は、歴史の書のように見えます。また、さまざまな厳しいおきてと戒めの書に見えます。理不尽な運命や、天災に翻弄される悲劇の物語にも見えます。
 間違いに間違いを重ねる選びの民イスラエルは、神が、何とか「選びの民」として正しくあらせようと、苦心され続けるのです。イスラエルの民も、何とか、自分たちの神に随おうと軌道修正することもあるのです。けれども、けっきょく、神から棄てられ、国を失い、どん底まで辛酸をなめて、ようやく、自分の神様に随おうと決心する人たちによる新しい国を建てるのですが、それは、彼らが待ちに待った独立国ではありませんでした。

 しかし、それでよかったのです。神ご自身がご降誕になって十字架にかかり、人の罪を贖って死んでくださるためには、イスラエルがこのような植民地であるのも、一つの必然でした。このために、救い主イエス様は、イスラエルを救う「武力の王」と誤解され、そうできなかったために、イスラエルの民からも捨てられるのです
 

★★★★★

 連合聖会(註、新生連合教会グループ)で増田先生(註・福島中通りコミィニティチャーチ、増田泰司牧師)が、お話しになった十字架の贖いと復活の話は、神と人の和解のクライマックスについて語られています。長い間、へだてられていた神とのお交わりが、キリストの刑死によって回復され、神の御許での永遠の命もまた、キリストの復活によって回復されたことが、示されたのです。

 聖書的に、人とは何かと問われれば、私は一言で言って、神の愛の対象として造られた者というでしょう。
 聖書に従うならば、そうではないでしょうか。
 知能の高い人間が、その観念的思索力を駆使して、神を創造したといった観点は、神学的ではないと思います。
 
 私たちが、神に祈り神にひれ伏すのは、その意味で、もとより、ご利益のためではありません。増田先生がおっしゃっていたように、神様にとって良いことと、人がしてもらいたいことは、かならずしも一致しないのです。
 私たちが恐れなければならないのは神様です。礼拝し、幸せを感じるのも相手が神様だからです。

 人間は最初、神様から特別な方法で、特別な目的を持って造っていただいたのだという「特権」に、歓びを覚えるものとなろうではありませんか。


 お祈りします。
 


   ★祈祷会でのさとうまさこのメッセージを掲載しました。



posted by さとうまさこ at 12:34| Comment(0) | 聖書の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする